悪魔のソース・博多んぽん酢を新しい博多の名物にしたい。老人のかなわぬ夢でなく、夢を現実にしてみたい。脳梗塞から三度の生還。ヨレヨレ、ボロボロになりながら、果たせぬ夢を追い続ける男に、強力な助っ人が現れた。平凡だったそれまでの人生が「まさか」の出来事で、がらりと変わる。一度ならまだしも、それが二度も三度も続いた。波乱万丈だが実に、愉快だった。人生の終末期を迎えた今、またもや「まさか」の驚きである。ヒルマン監督ではないけれど、信じられな~いのだ。人生、終わり良ければすべて良しなのだが、それはまだわからない。

  

Posted by at

2009年07月26日

今週の出来事 7・20~7・26

 山口を中心に西日本各地で、猛烈降雨による土砂災害頻発。その山口へ出かけることにしていたが、直前になってキャンセル。虫の知らせか、なんとなく行きそびれてしまった。
 阪急西宮店での刺身サラダ発売に備え、日曜返上で作業。平成4年以来、中断していた魚売り場の改革がやっと始まる。大したことをやる訳じゃないが、ワサビ醤油じゃなくてトマトドレで食べてもらおうという提案。何事もそうだが、初めから成功が約束されているわけではない。試行錯誤の繰り返しになるだろうが、「あきらめない」ことが大事なのである。  


Posted by 吉野父ちゃん at 07:44Comments(0)そうす亭日乗

2009年07月19日

今週の出来事 7・13~7・19

 出張の楽しみの一つは、オフタイムの食べ歩きではないでしょうか。
 普段はめったに寿司屋のノレンをくぐることはありませんが、出張すると必ずといっていいほど寿司屋へ足が向きます。食べ歩きが専門でないので、そう多くの店を知っている訳ではありませんが、それでも、何軒かひいきの店があります。
 東京・築地魚市場の場外にある「寿司清」もその一つ。値段もリーズナブルで、いつもその味に裏切られる事がないので上京すると良く利用します。銀座や日本橋に取引先があるので、ホテルはどうしても新橋か銀座周辺ということになります。
 とりわけ、銀座東急ホテルは魚河岸にも近く、知人もいるので良く利用します。朝食はホテルの食堂よりも、河岸〔かし〕の寿司屋というのが多い。この店の人気は、ものすごく、いつ行っても座れることはまずありません。多少の時間は待つことを覚悟しなければなりません。
 特別に凝ったネタがある訳ではありません。こざっぱりした、けれん味のない味に良さがあります。15人も座ればいっぱいになる小さな店で、背中の後ろには沢山の人が並んでいる。せわしないのだが、その感じがまたたまらなくいいのです。
 皆さん、ビールを飲んだり、刺身を食べたりして悠々と楽しんでいる。待ってる人も別に文句を言うわけでなし大人しいものです。河岸まで行く時間がない時は、銀座四丁目の三越と松屋の中間にある店に行きます。
 前回は昨年六月に行きました。日本橋の三越で仕事をすませ、地下鉄に乗らずにブラブラ歩きました。丸善で新刊書を買って次のお目当ては伊東屋。最新の文具をあれこれ物色すると、一時間や二時間はアッという間です。12時を過ぎると超満員になるので、伊東屋をひやかしながら時間調整するわけです。
 この、寿司を食べるまでのプロセスが実に楽しいのです。時間が来て「えーっ、らっしゃい」と迎えられるとしびれてしまう。自分でも、顔のしまりがなくなるのが良くわかります。銀座のど真ん中で、飲んで食べて五千円。お釣りがくるのですから、こんな嬉しいことはありません。
 銀座の寿司屋は高いといわれますが、高級店のノレンをくぐるのは殆んどが社用族。つまり、サラリーマンです。自分の財布では、回転寿司がやっとのくせに、「時価」の大トロでも平気で食べる。マナーの悪さにヘキヘキすることがありますが、この店は「自腹」が多いのが嬉しいのです。
 この一週間、蒸し暑い日が続きました。食慾減退で、ついつい、食べる話になりました。  


Posted by 吉野父ちゃん at 06:06Comments(0)うまい話・食えない話

2009年07月12日

今週の出来事 7・6~7・12


 金曜日から、福岡空港ANA売店で「博多んぽん酢」の発売開始。当初は二、三本しか売れないのじゃないかといわれたが、二桁売れた。普通は二本詰めや三本詰めのお土産商品にして販売するのだが、「博多んぽん酢」はバラ売りにした。一本680円。千円でお釣りがくる。《博多》という地名が商品名になっている。

大阪・阪急百貨店から来電。
 今月末から、刺身サラダを再発売するそうだ。ドレッシング類提供の依頼がある。タイトな日程でのプロジェクトだが、「心配ない。必ず間に合わす」。確約する。
 平成4年、同じことをやった経緯がある。それをそのままやれば良い訳である。

 最近、昔の商品復活の要望がある。黒胡麻、金胡麻、さしみソース、レモンソースー、土佐酢、フレンチマスタードドレッシング、焼肉ドレッシング《醤油味、味噌味》梅とバルサミコの魚貝ソース、本ワサビ味噌ソース、和風ドレッシング、クリーミーソース・なかなかいけるじゃん、などなど。
 
 この中から、和風ドレッシングを「たまねぎぼうや」と改名。インターネットでテスト販売中だが、思ったとおり、丁寧につくっていることを指摘される。何度も、書いたり言ったりしていることだが、土佐酢の復活作業を進めている。お客様の要望を注意深く聞き、良いものをつくりたいものだ。  


Posted by 吉野父ちゃん at 06:51Comments(0)

2009年07月05日

今週の出来事 6・29~7・5

 東京にいる心許した友から余命を知らせるメール。すい臓がんである。もう一人。大阪から、「あかんわ。立たれへんね。もう、終わりや」。こちらは、腎臓である。弱弱しい声に切迫したものを感じる。先週は宮崎からも脳梗塞の知らせが届いたばかりである。  


Posted by 吉野父ちゃん at 10:23Comments(0)そうす亭日乗