悪魔のソース・博多んぽん酢を新しい博多の名物にしたい。老人のかなわぬ夢でなく、夢を現実にしてみたい。脳梗塞から三度の生還。ヨレヨレ、ボロボロになりながら、果たせぬ夢を追い続ける男に、強力な助っ人が現れた。平凡だったそれまでの人生が「まさか」の出来事で、がらりと変わる。一度ならまだしも、それが二度も三度も続いた。波乱万丈だが実に、愉快だった。人生の終末期を迎えた今、またもや「まさか」の驚きである。ヒルマン監督ではないけれど、信じられな~いのだ。人生、終わり良ければすべて良しなのだが、それはまだわからない。

  

Posted by at

2010年04月25日

杉村春子さんのハガキ

 資料を整理していたら、杉森春子さんから頂いた古いハガキが出てきた。

 杉村さんは広島出身。昭和12年の文学座創立に参加、女優としてはもちろんだが、指導者として多くの俳優たちを育てた。16歳の時に初舞台を踏んでから、杉村さんの歩いてきた年月は、そのまま我が国、新劇の歴史であった。
 
 ハガキは、84.8.7の日付。新宿局の消印があった。84年といえば、念願だった東京進出を果たした年で、四月には、西銀座に開店したパリ感覚が売り物の「プランタン」で、トマトドレッシングの発売を始めたばかりだった。

 ハガキにはこう書いてあった。

 「どれもおいしいソースですけど、やっぱり土佐酢が一番よろしゅうございました」

 トマトも美味しいのですが、ここはパリではありません。日本です。日本の味はカツオだしではないでしょうか? 杉村さんは、土佐酢が美味しかったといいながら、食の未来を戒められたのである。一つの道を極めた人の言葉は重い。

 

 
   


Posted by 吉野父ちゃん at 11:56Comments(0)そうす亭日乗

2010年04月17日

アボルブカプセル

 本来なら土曜、日曜はお休みなのだが、今週はフル操業。早朝から、胡麻しゃぶのだしを引いている。昼前には岐阜県の胡麻メーカーから、特別焙煎したペーストが届く。清酒や味りんなどの調味料をブレンドすれば出来上がりとなるのだが、今日はいつもの配合で良いのか。天候不順で難しい判断を迫られている。本日の黄金比率は?

 初ガツオの便り各地から。高知と宮崎の様子を聞くと、今年は魚体が小さく、知合いも少なく「刺身に限る」そうだ。冗談だろう。血合いが美味いのだ。丁寧に叩いた血合いを醤油に溶いて刺身につけると、コクが出て驚くほど深い味わいになる。

 持病の一つである前立腺肥大が劇的に治癒した。肥大を小さくする新薬を処方してもらった効果が二週間で出た。おかげで、ゆっくり眠れるようになった。薬は人によって効き方も様々だと思うが、あまりにも嬉しいので・・・・。アボルブカプセル0.5mgが、私の魔法の薬でした。  


Posted by 吉野父ちゃん at 07:25Comments(0)そうす亭日乗