悪魔のソース・博多んぽん酢を新しい博多の名物にしたい。老人のかなわぬ夢でなく、夢を現実にしてみたい。脳梗塞から三度の生還。ヨレヨレ、ボロボロになりながら、果たせぬ夢を追い続ける男に、強力な助っ人が現れた。平凡だったそれまでの人生が「まさか」の出来事で、がらりと変わる。一度ならまだしも、それが二度も三度も続いた。波乱万丈だが実に、愉快だった。人生の終末期を迎えた今、またもや「まさか」の驚きである。ヒルマン監督ではないけれど、信じられな~いのだ。人生、終わり良ければすべて良しなのだが、それはまだわからない。

2010年03月24日

九州の春タマネネギ

 桜便りとともに、春の早出しタマネギが店頭に並び始めた。

 早いものでは、一月から出荷の始まった宮崎県延岡市の「空飛ぶタマネギ」がある。文字通り、飛行機で東京へ出荷されることから、この名がついた。

 春タマネギは、熊本県の不知火沿岸の干拓地を中心に、水俣市から鹿児島県にかけて一大産地を形成している。なかでも近年、人気が出てきたのが水俣特産の「サラダタマネギ」だろう。

 生食用として販売されており、薄くスライスして食べるのが美味しい。ジューシーで甘味も十分だが、収穫時期が5月までと短い。旬の味が実感できる貴重野菜である。

 すりおろしの生タマネギでつくる「たまねぎぼうや」という名前の和風ドレッシングは、ぽん酢と共に看板商品だが、4月からは、このサラダタマネギのフレッシュな美味しさをお届することになっている。

 あまり小細工せず、スライスしてカツオ節を振りかけ、ドレッシングで食べるのが一番だが、調味料でくどくど味付けされたドレッシングはタマネギに失礼だ。酢醤油で良い。これなら、だれでもつくれるし、酸味の調整も自分好み。タマネギ本来の味が堪能できる。

同じカテゴリー(うまい話・食えない話)の記事
 「だし」とは (2015-08-12 15:31)
 6月19日の記事 (2015-06-19 14:11)
 ご無沙汰しました (2014-08-04 11:55)
 鹿児島紀行 (2012-11-23 15:05)
 コンビニ餃子をトマトドレで (2012-09-02 13:23)
 お酢の不思議 (2012-07-21 19:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。