悪魔のソース・博多んぽん酢を新しい博多の名物にしたい。老人のかなわぬ夢でなく、夢を現実にしてみたい。脳梗塞から三度の生還。ヨレヨレ、ボロボロになりながら、果たせぬ夢を追い続ける男に、強力な助っ人が現れた。平凡だったそれまでの人生が「まさか」の出来事で、がらりと変わる。一度ならまだしも、それが二度も三度も続いた。波乱万丈だが実に、愉快だった。人生の終末期を迎えた今、またもや「まさか」の驚きである。ヒルマン監督ではないけれど、信じられな~いのだ。人生、終わり良ければすべて良しなのだが、それはまだわからない。

  

Posted by at

2008年10月22日

土佐紀行

 土佐の高知・四万十川、勝間の沈下橋を訪ねた。中村の醤油屋さんを訪ねた帰り、汽車を待つほんの僅か、二時間足らずの船遊びだった。
 
 沈下橋は、欄干が無い橋。川が増水しても流されず、川底に沈んでしまうのところから名づけられた。全長196㌔の四万十川に22本の橋が架かっている。訪ねたのは、平日の昼下がり。カラフルなカヌーやカヤックも見えない。流れは大きく蛇行しながらゆったりと流れていた。船頭の口笛に誘われたトンビがくるくる回り始める。観光客の多い休日には来ないそうだ。

 夢のような風景が広がった。帰る場所を忘れてしまいそうだった。

 都合四日の滞在中、見つけたのは「仏手柑」と「狸の油」。仏手柑というのは柑橘ミカンの一種類。狸の方は、正真正銘
狸の脂を搾ったもので、切り傷、肌荒れに効き目があるそうだ。日曜市の名物、知る人ぞ知る逸品である。10㏄ぐらいが1.200円でした。

 旅の後半は、カツオ節製造工場へ。宗田鰹をじっくり、得心のいくまで見てきた。  


Posted by 吉野父ちゃん at 22:41Comments(0)

2008年10月04日

土曜の夜は黒豚のしゃぶしゃぶ

 先日から宮崎、鹿児島を歩いてきた。宮崎は、ホームページで動画を取り入れることになりその撮影のため。中小企業をサポートする「福岡県商工会連合会IT推進室」の肝いり。福岡ブランド育成が狙いである。好天に恵まれ撮影は快調に終わった。
 三越との取り引きが始まったのは、鹿児島の丸屋が三越に買収された時だからもう、17年になる。その、鹿児島三越が来年5月で閉店することになった。担当者に、これまでどおり淡々と仕事を続ける旨伝え、10月の試食宣伝販売の手配をする。

 長かった夏が終わり秋が来た。肌寒い秋になりそうな予感がする。土曜の夜、黒豚のしゃぶしゃぶなんて悪くないな。

   


Posted by 吉野父ちゃん at 10:02Comments(0)そうす亭日乗