悪魔のソース・博多んぽん酢を新しい博多の名物にしたい。老人のかなわぬ夢でなく、夢を現実にしてみたい。脳梗塞から三度の生還。ヨレヨレ、ボロボロになりながら、果たせぬ夢を追い続ける男に、強力な助っ人が現れた。平凡だったそれまでの人生が「まさか」の出来事で、がらりと変わる。一度ならまだしも、それが二度も三度も続いた。波乱万丈だが実に、愉快だった。人生の終末期を迎えた今、またもや「まさか」の驚きである。ヒルマン監督ではないけれど、信じられな~いのだ。人生、終わり良ければすべて良しなのだが、それはまだわからない。

  

Posted by at

2011年08月31日

てんきち母さんからの贈り物

 近ごろ、めったに外でお酒を飲まなくなった。飲みたいという欲求はあるのだが、だれも誘ってくれないのだ。
 脳梗塞を患ってから、杖のお世話になっているが、その杖が、一本から二本になった。ここ一年の間に、路上で不意にバランスを失うことが数回あった。忘れもしないが、高知の日曜市で二度ばかり転んだ。目の前がスポーツ用品店だった。すぐに飛び込んでノルデッキスキーのストックを買った。
 リハビリは真面目にやっっているが、老化現象の方はなんともし難い。ふとももやふくらはぎが、シャベルで剥いだように肉が消えた。リハビリ室には、いつも20人内外の患者がいろいろな器具で不自由な体を動かしている。
 いろんな兆候から、神様がもう少し時間を下さるように思える。70半ばになっても、毎日の出来事はその年齢の<初体験>なのだ。わくわくすることはあっても、焦燥とか寂寥とかを感じない。
 「てんきち母さん」という貴代の女性からまたもや、勇気を頂いた。心身ともに軽やかで、風に吹かれているような気分である。  


Posted by 吉野父ちゃん at 11:34Comments(0)泣いて笑って75歳

2011年08月31日

てんきち母さんからの贈り物

 近ごろ、めったに外でお酒を飲まなくなった。飲みたいという欲求はあるのだが、だれも誘ってくれないのだ。
 脳梗塞を患ってから、杖のお世話になっているが、その杖が、一本から二本になった。ここ一年の間に、路上で不意にバランスを失うことが数回あった。忘れもしないが、高知の日曜市で二度ばかり転んだ。目の前がスポーツ用品店だった。すぐに飛び込んでノルデッキスキーのストックを買った。
 リハビリは真面目にやっっているが、老化現象の方はなんともし難い。ふとももやふくらはぎが、シャベルで剥いだように肉が消えた。リハビリ室には、いつも20人内外の患者がいろいろな器具で不自由な体を動かしている。
 いろんな兆候から、神様がもう少し時間を下さるように思える。70半ばになっても、毎日の出来事はその年齢の<初体験>なのだ。わくわくすることはあっても、焦燥とか寂寥とかを感じない。
 「てんきち母さん」という貴代の女性からまたもや、勇気を頂いた。心身ともに軽やかで、風に吹かれているような気分である。  


Posted by 吉野父ちゃん at 11:33Comments(0)泣いて笑って75歳

2011年08月28日

黒ポンの辛さは?

 今年の夏は暑さがちとこたえた。熱中症にならぬよう、外出や屋外でのリハビリ体操も控えて、エアコンのお世話になった。人間というのは勝手なもの。電気料金の検針票の数字に一喜一憂している。
 週3回のリハビリ病院への通院が、生活習慣としてすっかり定着。マッチト上での体操、器具を使っっての付加運動とフルコースのリハビリが続くが、7,8月はサボる日が多かった。 楽あれば苦ありだ。てき面、足にきた。

 黒ポン新発売のハガキを見た顧客より電話数件。必ず聞かれるのは、どの程度辛いか?。この説明は、食べてもらうのが一番だが、「マイルドです。強い辛味がお好きなら、<大辛>もありますよ」と答える。 辛味と甘味を区別出来る調合になっているので、アッ、オリゴ糖だと喜ばれる人も居られるだろう。創業以来、砂糖に頼らぬ商品作りに徹している悪魔のフアンが多いからだ。  


Posted by 吉野父ちゃん at 21:42Comments(0)そうす亭日乗

2011年08月26日

新商品登場です。

 かつては身近に豊富にあった美味しいものが、いつの間にか貴重品になりつつあります。
 柑橘ミカンの代表ともいえる柚子もその一つです。九州は柚子農家も多く、一大産地を形成しています。なかでも、大分県は、かぼすと柚子で有名です。
 今ここで、味覚の原点ともいえる食材に光をあてなければとの強い思いがありました。子供を含めた消費者に伝統的な味を伝えていく事も大切に思えました。小理屈をいうようですが、わかりやすく言えば、博多という地域の特性を生かし、新鮮で美味しく、あれこれ便利に使えるものを作りたいと考えました。
 こうして生まれたのが、「博多んぽん酢」でした。宮崎県日向市の「平兵衛酢(へべす)」が評判高く、フアンがふえました。
 もう一つ、願いがありました。「ゆとり」の復活です。家族別々に食事をする<孤食>や、同じ食卓を囲んでも違うものを食べる<個食>など、健康な食卓が失われました。スローフードという言葉があります。なにか特別な食べ物や食べ方があるように聞こえますが要は、家族そろって仲良く、和やかに食べるということです。
 
 こうして新しく生まれたのが、<辛・博多んぽん酢>です。ホームページをご覧ください。
    


Posted by 吉野父ちゃん at 22:16Comments(0)そうす亭日乗

2011年08月26日

新商品登場です。

 かつては身近に豊富にあった美味しいものが、いつの間にか貴重品になりつつあります。
 柑橘ミカンの代表ともいえる柚子もその一つです。九州は柚子農家も多く、一大産地を形成しています。なかでも、大分県は、かぼすと柚子で有名です。
 今ここで、味覚の原点ともいえる食材に光をあてなければとの強い思いがありました。子供を含めた消費者に伝統的な味を伝えていく事も大切に思えました。小理屈をいうようですが、わかりやすく言えば、博多という地域の特性を生かし、新鮮で美味しく、あれこれ便利に使えるものを作りたいと考えました。
 こうして生まれたのが、「博多んぽん酢」でした。宮崎県日向市の「平兵衛酢(へべす)」が評判高く、フアンがふえました。
 もう一つ、願いがありました。「ゆとり」の復活です。家族別々に食事をする<孤食>や、同じ食卓を囲んでも違うものを食べる<個食>など、健康な食卓が失われました。スローフードという言葉があります。なにか特別な食べ物や食べ方があるように聞こえますが要は、家族そろって仲良く、和やかに食べるということです。
 
 こうして新しく生まれたのが、<辛・博多んぽん酢>です。ホームページをご覧ください。
    


Posted by 吉野父ちゃん at 22:16Comments(0)そうす亭日乗